正直に言いますね。電子書籍って大変です。

やめといたほうがいいと思うんです。
本気でやらなきゃ
ただしんどいだけですから。
========
こんばんは!
デザイン戦略山本香里です
========
認知度を上げたい。
信頼度を上げたい。
収入を上げたい
と思ったら・・
「書籍出版」
を思い浮かべたことはありませんか?
印税欲しい〜 とか!!
そのためには
・どのくらい打ち合わせ時間が必要でしょうか?
・どのくらい執筆に時間がかかるでしょうか?
・何人くらいが購入してくれるでしょうか?
・コストは全て出版社が出すのでしょうか?
 それとも何割か負担するのでしょうか?
・はたまたオンデマンドで
 書店には並ばないのでしょうか?
出版のスタイルって色々あって、
すでに認知度が高い先生なのか、
これから世に出たいという先生なのか
によっても得られる結果は様々でしょうね。
認知度を上げたい。
信頼度を上げたい。
収入を上げたい。
ということなら
私は書籍出版の専門家ではありませんが、
ではスマホ電子書籍だったらどうなの?
にはお答えすることができます。
結論から言うと、
全部が叶います。
あ、いえ。
結論から言うと、
全部が叶う戦略を立てられます。
本だって、同じだと思うのです。
誰でも出版さえすれば
印税生活ができたり、
認知度が上がって
仕事が舞い込んでくるなら
み〜んな出してるはず。
スマホ電子書籍を
紙の書籍と比べた時に
1番の違いはなんといっても
在庫がいらないことではないでしょうか。
だから印刷コストもかからないし、
足を書店まで運ばずに
お客様のポケットへ届けられるんですよね。
ただ・・・
オイしいことばっかり言って
どうにかしてやろうとも思っていません。
正直に言うと
大変なことだって
イッパイあります。
スマホ電子書籍キャンペーンを終えた方々
みなさん口を揃えておっしゃることがあるんです。
それは・・・・
「こんなの一人じゃ絶対無理!!」
 (苦笑)
そうなんです。
本当にみなさんが同じように言うので、
本当に大変なんですよ・・(苦笑)
起業家さんが通常業務を抱えながら
キャンペーンの準備をし、
リリースしてからのPDCAを繰り返して
成果につなげていくって
大っっっ変なのです。
さらにもっと正直に言うと、
私も昔、自分の
キャンペーンを一人でやっていた時
毎日「吐きそう。」でした(爆)
今ではこれが仕事になっていますが。
しかし、
そんな大変なことも
やりきったからこそ
しっかり成果につながるし、
クライアントさんに
可能な限り
結果を手にして欲しいから
夜中でも
ガンガンミーティングしちゃうんです。
最近、
電子書籍キャンペーンを
すっごくよく見かけるので
私もや〜ろうっと!
・・と簡単に思う人もいるんじゃないのかなぁと。
だから
私はこのメルマガを通して
ただのデザイナーさんではお伝えできない
ただのライターさんではお伝えできない
ただのランディンページ屋さんでは
お伝えできない
スマホ電子書籍に特化した情報を
正直にこれからも
お届けしようと思っています。
このブログを読んでくださっている方が
本当に理想のお客様と出会うことが
このブログを通して私が描いている
ゴールです。
ではまた明日!
Pocket