未来のお客様を作る電子書籍ポイント2

電子書籍も
出しゃいいってもんじゃないんです。
 
 
===========
 
ひとめで理想のお客様の目に留まり
信頼されるデザイン戦略
 
山本かおりです!
 
===========
 
もし%LAST_NAME%さんが
電子書籍をリリースされるのでしたら
「%LAST_NAME%さんに会いたくなる!」
 
 
と読者さんに思っていただけるような
内容にしたくはありませんか?
 
 
こちらでも解説はしていますが
スクリーンショット 2018-04-13 17.23.20.png
→ 無料で読む
 
 
個人起業家さんが
電子書籍をリリースすると
 
 
売り込まなくても、
ご成約しやすくなります。
 
 
なぜなら会う前から
信頼をされているという
関係性が築けてしまうから★
 
 
 
しかし!!!
 
なんでもかんでも電子書籍を
出しゃぁいいってもんでもないんです。
 
 
 
昨日も書いたように
無料でコンテンツを与え、
教育することは大事。

 
 
 
そしてもう一つ
未来のお客様をつくる
ポイントがあります。
 
 
 
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
なぜ(読者)に伝えたいのか?
を明確にすること。
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 
 
 
%LAST_NAME%さんが
なぜそのビジネスやっているか?という
想いの部分のこと。
 
 
 
映画って
だいたいクライマックスで
泣くようにできてますよね。
 
 
 
しかし、クライマックスだけみて
泣く人っていますか?
 
 
主人公の
苦労や勇気や
 
そのストーリーを見ているから
 
 
 
どわ〜〜〜っと
心が動くんですよね^^
 
 
 
だから、
 
コンテンツだけそこにあって
なぜ?伝えたいのか?
という想いがうすい電子書籍は
いまいちなのです。
 
 
 
 
 
きっと起業家さんなら
実現したい夢や、
お客様に対する想いって
た〜くさんあるとおもうので、
 
 
それはとてもとても
大事な要素として
 
 
未来のお客様へ
発信してくださいね
 
 
ではまた。
 

 

Pocket