小冊子キャンペーン失敗パターン

ひとめで理想のお客様の目に留まり
「信頼」されるデザイン戦略

 

集まる集客®デザイナー
山本香里です!

 

 

昨日の記事は
お読みいただけましたか?

 

すでに興味があるという
ニーズの高い層にしか
届けることができなかった
自然療法の商品でも

 

 

伝え方をかえると
伝わり方が変わり

 

 

伝わるから
行動(購買)したくなる。

 

 

その仕組みと仕掛けを
電子書籍プロモーションなら
創れるんです。

 

スクリーンショット 2018-10-22 15.06.06.png

その結果として
稼ぐのが難しいと言われるジャンルでも
たった一人で運営するオンライン講座で
月商200万超え
実現されています。

 

 

 

電子書籍(小冊子)キャンペーンって、
リスト獲得するためだと思ってませんか?

 

 

よく他のコンサルタントさんも
「小冊子キャンペーンをしたらいいよ」
と言いますが

 

 

それはなぜだだか
知っていますか?

 

↓ ↓ ↓

メルマガの
リスト獲得のためなんですね。

 

リストがあれば
売り上げはあがりやすくなるからです。

↑ ↑ ↑

 

 

リストの数は
年収に比例する
一般的に言われてはいるのですが

 

 

私の知る限り、

100リストでも
月商100万の人もいるし

 

 

キャンペーンをして
1000リスト以上あっても
全然ダメな人もいる。

 

 

その違いって
何だと思います?

 

 

この電子書籍や
小冊子無料プレゼントの
プロモーションを

 

ただ、リスト取り
の目的のためだけ
やってしまったのかどうか

 

 

これなんです・・・

 

 

リストだけ取っても

 

そのあとの
メルマガが書けない・・

 

そのあとの体験会の
運営ができない・・

PDCAできない・・

ビジネスの戦略がたたない・・

 

 

ここだけの話、
そういう個人起業家さん

いっぱい
いっぱい
い~~~っぱい

 

・・・います。

 

 

個人でプロモーションするのって
相当な労力なだけに
悲しすぎるー!!

 

 

 

だから、私は
電子書籍(小冊子)プロモーションを
リスト集め目的
だとは思っていません。

 

 

未来のお客様に
あなたの価値を知っていただく。

 

 

最初は興味がなかった人にも
電子書籍を通じて
プロとして信頼され

 

お客様がスムーズに動ける
動線を準備しておく。

 

 

そして体験会や
メルマガ運営によって
お客様と出会い、

感謝代として
ご成約をいただけるようになる。

 

 

全ては
あなたの未来のお客様の
問題解決をするために
行うことが前提です。

 

 

そこをすっ飛ばして
リスト=利益
みたいに

利益優先に思ってやると
大事なものを
失うことになるかもしれないから。

 

 

失ってはいけない
大事なものって

 

 

世の中のお悩みを解決するためにっていう
あなたのベースにある
ワークスタンスや

 

 

自分のスキルで
困っている人の役に立てるんだっていう
セルフコンフィデンス。

 

 

私は
コンサルタントのくせに
(くせにっていうのも何ですが笑)

お金だけじゃ
豊かさは得られないと思っています。

 

だけど
お金の豊かさも大切だし
そのために「戦略をもって動く」
ことはほんと~に重要だから

 

 

そのバランスをとりながら
これから自分の商品を世に出していきたい
っていう人がいたら
もっと出会いたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket