どつきあいのケンカから学ぶことは?

こんにちは!
ひとめで理想のお客様の目に留まり
「信頼」されるデザイン戦略

集まる集客デザイナー
山本香里です。

 

今朝、突如
幼稚園の娘が、男の子と
どつき合いのケンカを始めました!!

 

 

原因はななな、なんと・・・

 

分団の「旗」の取り合いです

 

 

(旗もちたいよね~
子供らしいです 笑)

 

 

なかなかの激しいケンカで
おかん、びっくりだったんですけど

(途中で止めましたけどね^^;)

 

 

「ケンカ」もある意味
良いチャンスだよな
と思いました。

 

 

相手は本当は
どうして欲しかったのか?

 

自分は本当は
どうしたかったのか?

 

 

そうやって
「人のことを想像し、
自分を知る」チャンス!

 

 

これが「子供のケンカ」の醍醐味
なんだろうなと思ったんです。

 

 

 

で、

今日はなんでそんな話から
始まったかというとですね

 

ビジネスでも
大事なことは

 

↓ ↓ ↓

人への想像力と

自分理解

↑ ↑ ↑

 

だからなんです。

 

 

 

気の合う友達
意見が合う仲間

 

できることも
できないことも
同じレベルの人間関係

 

そこから
「人への想像力」や
「自分理解」を深めるのって

 

相っ当・・・
大変です。

 

 

いや、むしろその状況じゃ
無理じゃないかなとすら思う・・

 

だけど、起業って、
今までの自分の当たり前から抜け出て、
世の中にニーズを作っていくことですから、

そもそも「人のことを想像する力」って
すごく必要になってきます。

 

 

例えば、起業しても
できないことが多すぎて

 

なんで自分はできないんだろうってことに
直視しなければいけない状況だったり

 

そんなこと言っても
とにかく歯を食いしばって
ふんばらなきゃいけない時だって
ありますよね。

 

 

だけどそんな経験をしている人ほど
相手の不利、不満、
欲、夢を

深く深く
想像できるし

そのために
自分なら何ができるのかって
するどく考えられるようになるんです

 

ケンカもチャンス!と言いましたが
一見うまくいってないことにしか

学び出せないことって
ありますからね。

 

今日のメール
なにかの気づきになれば
幸いです・・・★

 

 

 

Pocket