【実例】目に留まるデザインって?

こんにちは!
ひとめで理想のお客様の目に留まり
「信頼」されるデザイン戦略

集まる集客デザイナー
山本香里です。

 

 

ネット上では
多くの情報が流れ

 

良い情報も
そうでもない情報も

あふれかえっています!!

 

facebookなどの
ウェブツールで
見つけてもらうには

 

きっかけが
大事だよと
昨日はお伝えしましたね^^

 

簡単に表現すると
ひとは「雰囲気」で
情報を読み取っています。

 

「ディズニーランド」

 

と文字で表されるより・・・

 

スクリーンショット 2018-10-23 13.42.02.png

参照元:https://www.tokyodisneyresort.jp/tdr/guide/1day-tdl.html

↑ ↑ ↑

これをみたほうが
楽しそう!行きたい!
となりますよね

 

 

「お化け屋敷」

より

スクリーンショット 2018-10-23 14.36.30.png

参照元:https://townwork.net/magazine/job/leisure/amusement/28602/

 

↑ ↑ ↑
これをパッとみたほうが
相当怖いです。

 

文章であれこれ
伝えようと
作文をしても

 

 

なかなか
伝えたいことは
伝わりません・・・

 

(売れている「本」は絶対に
表紙にこだわっているんです)

 

 

タイトルももちろん大事ですが
パッと手に取りたくなる
「印象」を与えましょう。

 

 

というわけで
今日は事例をご紹介しますね^^

 

 

 

しあわせ土鍋ご飯の
油野智恵美さんの電子書籍

 

 

この表紙がきっかけとなり

スクリーンショット 2018-10-23 13.29.19.png

 

お料理教室なのですが
料理だけでなく
お母さんのイライラバタバタの
お悩みも解消できてしまう

お料理教室だということを

 

スクリーンショット 2018-10-23 13.31.58.png

スクリーンショット 2018-10-23 13.29.40.png

中身は(一部抜粋)こんなかんじ。

 

このように
見せています。

 

 

お料理を習うのに
なぜそれ以外のお悩みが解決するの?

 

という疑問を
これまでずっと個別対応で
最初からご説明されていた
油野さん。

 

この電子書籍を活用されることで
油野さんのお料理教室の
魅力がわかった上で
お申し込みされる方が
どんどん増えています^^

 

私が工夫したのは、
どうやったら
長い解説をせずに
ビジュアルと
構成で

 

大事なことが
ひとめで伝わるのか?

 

お客様へ伝えたい!!の前に
伝わりやすさの工夫を

 

お忘れなく♡

Pocket